ご迷惑をおかけいたします、只今システムアップデート中です。表示崩れなど起きる可能性がございますので、ご了承ください。
アンコール遺跡イスタンブールインドネシアカザフスタンカッパドキアカンポン・プルッククアラルンプール死海上海シンガポールジャカルタ台湾タジキスタンチャオラン湖中国 テルアビブ東京ドバイナビー・ムーサー日本ニーデネパールバト・ヤムバールベック遺跡ペトラ遺跡ホイアン香港ホーチミンマラン屋久島アイスランドアマルフィ海岸アムステルダムアンダルシア州イギリスウクライナキプロスキーウギリシャゴゾ島サランダシチリアジュネーブジロカストラスウェーデンスヴェティツホヴェリ大聖堂スヴェティ・ステファントビリシノヴィ・サドバレッタパリフィレンツェブトリントブライズ城ブリストルプラハプリトヴィツェ湖群ベルリンペトリートリボーンホルム島マルタメソニ城モスクワモンサンミシェルモンテネグロラゴスリュブリャナリヨンロフォーテン諸島ロンドンヴァルダイ湖ヴェネツィアエル・チフロンの滝オレゴン州カナダグランド・キャニオンサハマ山ティカル遺跡テオティワカン遺跡ナイアガラの滝ニューヨークハワイメキシコユタ州ラスベガスロサンゼルスワイオミング州ウガンダガーナケニヤケープタウンダーバン南アフリカモロッコオークランドオーストラリアタスマニアニュージーランドボラボラ島ラロトンガ島

世界をインターネット旅行する動画旅行サイト「ピッテントラベル」へようこそ!

Indonesia 01

水と人々の歴史が魅せる、バリ島の棚田風景

バリ島独自の水利システム「スバック」による棚田地域の文化的景観です。2012年に世界文化遺産に認定されました。

スバック(バリ語:subak)とは
バリ島に見られる伝統的な水利組合であるスバックは、現在では約1,200もの組合が形成されています。スバックは、8〜9世紀頃に高僧ルシ・マルカンディアによって初めて形成され、その名前は「流水の分配」を意味するseuwakに由来しています。

スバックとバリ・ヒンドゥー
スバックの起源は、インドで水資源が不安定だった時代のヒンドゥー教の影響があります。ヒンドゥー教では水を万物の始原とする地母神信仰が盛んであり、バリ島土着のアニミズム的汎神論と結びつき、バリ・ヒンドゥーの体系において水が神格化されました。その結果、スバックの行事や運営は、水を中心とする神事と密接に結びついています。

スバックの運営
各スバックは独立して形成されており、その構造は一つの村のようです。スバックの構成員は灌漑耕地の所有によって決まり、定期的な集会でスバックの長が選ばれ、合意事項が定められます。スバックは、土地税の徴収や共同作業への参加の義務化、水の取り入れ権利の保証、紛争時の調停など様々な活動を行います。


参考)Wikipedia
インドネシア:『水と人々の歴史が魅せる、バリ島の棚田風景』

+ title : "INDONESIA 01"
+ series : "INDONESIA"
+ release : 2023.07.12 / last modified : 2024.04.10




◆PRODUCE & FILM DIRECTION

MOST™️ / most-design.jp

◆VOICE ACTOR
THIRTY SEVEN

◆CHARACTER DESIGN
(C)C.OGINO / MOST™️

◆VIDEO
FROM ARTGRID

BY PITTEN FILMS